カルチャー発信の会場となりました!

DSC09594
昨日、犬養万葉記念館のつばいちホールで、大変ユニークなイベントが開催されました。
短歌の翻訳、朗読を通して、近現代女性像を検証していく試みは、キャロル・ヘイズオーストラリア国立大学教授と菊池利奈滋賀大学准教授と、歌人田中教子さんのお3人の説明や討論も交え、興味深いものでした。
今後は、研究家のお立ち場としては詩や俳句の世界まで広げたい意向も示されました。
また、一般募集の入選作品にも翻訳・朗読の発表があり、入選者の方々はご自身の作品を通して「翻訳された歌」をどのようにお感じになったことでしょう。文学・文芸が言語の壁を超えてテーマ「女性」がどのように伝わっていくのか、目からウロコだったかも。

DSC09579

采女姿の中田文花さんの龍笛や、橋本さんのピアノ演奏など、プログラムは華やかさもある、女性による女性を考える、女性のイベントであったことが、私にとっても興味深い機会でした。
また翻訳と朗読の会の続きや、その後を期待したいです。各地(オーストラリアも???)から明日香村の犬養万葉記念館にご参集頂きまして誠にありがとうございました。