DSCF8194

4月4日(火)奈良テレビ放送「ゆうドキッ!」で当館が放送されます!

奈良県内で、食、健康づくり、まちづくり等の分野で積極的に取り組んでいる人や地域をクローズアップしてお伝えしているコーナー「せんとくん通信」で、当館が紹介されます! さてさて、どのような放送になるか、乞うご期待!!!

放送時間: 2017年4月4日(火曜日)18時30分から
テレビ局: 奈良テレビ放送
番組名 : ゆうドキッ!
コーナー: せんとくん通信(放送時間は6分前後)

DSCF8194

tsubaichi%e3%82%aa%e3%83%aa%e3%82%b8%e3%83%8a%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%bc2017

2017年TSUBAICHIオリジナルカレンダー発売中!

tsubaichi%e3%82%aa%e3%83%aa%e3%82%b8%e3%83%8a%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%bc2017

このオリジナル万葉花カレンダーは「猪名川万葉植物園の四季」として、兵庫県川西市の木田隆夫さんの私設「猪名川万葉植物園」にこだわり、丹精込めてお世話をされている100種類以上の『万葉集』に詠まれている植物を「万葉歌」と共にご紹介しています。日常で身近な植物を通して、いにしへ人の心を味わっていただきたい作品です。

税込み1,200円です。
(郵送ご希望の方は、別途送料が必要です)
ご購入は、fax・電話・eメールでご連絡ください。

 

 

 

< お問合せ・お申込み >
南都明日香ふれあいセンター 犬養万葉記念館
電 話  0744-54-9300
fax  0744-54-4200
eメール info@inukai.nara.jp

dscf6088

生駒ふるさとミュージアムで、企画展示「生駒の言の葉-犬養揮毫の万葉歌碑-」11月開催中!

生駒ふるさとミュージアムでは、「生駒の言の葉-犬養揮毫の万葉歌碑」と題しまして、生駒に立つ犬養孝先生揮毫の万葉歌碑をご紹介いただいており、犬養先生の著書や歌碑の拓本も展示してくださっております。また、11月19日には岡本館長によります講演がございます。ぜひお立ち寄りください。

詳細は次の「生駒ふるさとミュージアム」のサイトで確認ください。

http://ikoma-museum.jp/

 

dscf5460

10月3日(月) ならドットFMに岡本館長が出演しました!

10月3日(月)12:30~13:00 ならドットFM(78.4MHz)「PROFESS SALON」で犬養万葉記念館が取材を受け、岡本館長が出演しました。10月10日(月・祝)に大和高田さざんかホールで行われる「万葉歌姫コンサート」の紹介、このコンサートのきっかけとなった「万葉の歌音楽祭」、そして犬養孝先生のお話など、ゴンザレス井原さんのMCで進められました。下のアイコンからお聴きいただけます!

voice_20161003_123001

 

dscf5270

第14回万葉の歌音楽祭結果発表!

9月19日(月)は台風16号の影響で雨が心配される中、開会の13時には雨がやみ、滞りなく第14回万葉の歌音楽祭を開催することができました。一次審査を通過した10組の作品は今までになくレベルの高いもので、審査員だけでなく一般審査員の方の評価も割れる結果となりました。受賞された方々は次の通りです。おめでとうございました!

大賞受賞 「春山と秋山」の佐伯奏依さん。佐伯修吾くんと小学生の姉弟の息の合ったハーモニーと振付は見ている側を魅了しました!

dscf5270

 

 

 

 

 

 

 

明日香賞 「月の舟」の瀧野尚子さん。アジアンリードの旋律と気持ちの良いソプラノの歌声が、風舞台をこだましました♪

dscf5022

 

 

 

 

 

 

 

審査員特別賞 「真土山哀歌」の検校隆雄さん。自身の地元、橋本市の真土山の万葉歌七首を、アコースティックギターで素朴に歌い上げてくださいました♪

dscf4958

 

 

 

 

 

 

 

ゲスト出演は篠笛奏者の井上真実さんです。最後の曲「飛鳥の 明日香の里を」は、天雲にかすむ南渕山を飛んでいく鳥が目の前に広がっているようで、聴いているものの心に響くメロディが印象的な作品。参加者も観客も感動させていただきました。ありがとうございました。

dscf5099

dscf5277

9月20日(火)臨時休館のお知らせ

台風16号接近により、午前6時30分現在、奈良県全域に暴風・大雨・洪水警報が発令されております。

危険回避のため、本日は臨時に休館させて頂くことといたしました。来館をご予定いただいた方には大変申し訳ございませんが、またのお越しをお待ちいたしております。