DSCF1170

新発売!!「犬養万葉百首朗唱CD」好評発売中(^^♪

DSCF1170

長らくお待たせしておりました犬養孝先生の「万葉かるたCD」ができあがりました。犬養万葉100首は、「光」「憩」のタバコの箱の裏側に毛筆で書かれた、戦後にものがない時代に、犬養先生が学生のために手作りをされた「かるたあそび」の名残です。昨年の若菜祭で、「犬養万葉100首を解く」という中西久幸さんのご講演で、たいへんよく練られて選択された100首であるということを理解し、5月からは城山副館長による「犬養万葉百首を読む」講座も行っております。また、犬養ファンからの要望でよく「犬養節」や、犬養先生の朗唱のみのCDはありませんか・・・とよくお尋ね頂きますので、館長の手持ち資料を編集して、このたび手作りの「万葉かるたCD」を制作致しました。新年に向けてみなさまへのご案内とご予約を開始いたしますので、どうぞお求めくださいませ。

「あらたしき 年の初めの 初春の 今日降る雪の いや重け吉事」巻20-4516番

あらたしき 年の初めの 犬養節 なつかしき声 吉事の予感  ヤカタノオオキミ

価格は(税込み)2,000円です。ご住所・お名前・お電話番号をお知らせください。電話・FAX・電子メールでも承ります。お申し込みは、下記までお願い致します。

〒634-0111 奈良県高市郡明日香村岡1150
南都明日香ふれあいセンター 犬養万葉記念館
TEL: 0744-54-9300 FAX: 0744-54-4200
E-mail: info@inukai.nara.jp

<ご参考>
☆ 「犬養万葉かるた(復刻版)」も発売しておりますので、併せてご利用くださいませ。
(価格:税込み2,500円)

TSUBAICHIカレンダー_2016

「2016年オリジナル万葉花カレンダー」好評発売中!

兵庫県川西市の木田隆夫さんの私設「猪名川万葉植物園」にこだわり、丹精を込めてお世話をされている100種類以上の『万葉集』に詠まれている植物を「万葉歌」と共にご紹介しています。
ご購入は、ご覧の書式にご記入の上、Faxでお送りいただくか、電話・eメールでも受付しております。

< お問い合わせ・お申し込み >
南都明日香ふれあいセンター 犬養万葉記念館
電話:0744-54-9300 Fax:0744-54-4200
eメール:info@inukai.nara.jp

TSUBAICHIカレンダー_2016

「マイ奈良12月号」に犬養万葉記念館が特集で掲載されました!

miniコミ誌「マイ奈良」で犬養先生と記念館の詳細な特集記事を組んでくださいました。リニューアルしてから記念館のパンフレットがまだありませんので、こうしてご紹介をしていただけたことはありがたい限りです。毎月定期発行されており、定価は150円。こうした記事で再び犬養万葉記念館に注目が集まることを期待しています。感謝!

マイ奈良2マイ奈良3

DSCF8953

飛鳥歴史公園高松塚管理センターにて!

DSCF8952DSCF8953DSCF8951DSCF8950

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

犬養万葉記念館に心を寄せてくださっている場面をご紹介。ただいま飛鳥歴史公園高松塚管理センターでは、第22回スケッチコンクールの展示が行われていますが、なんと応募作の中で銀賞に輝かれた作品は、当館の外観をスケッチしてくださったもの。また、玄関先の菊花展では、当館にも菊花を提供してくださっている河合幸子さんの作品が入賞されていました。少しづつ、明日香村の方々とのふれあいを実感できることがうれしいです。

 

DSCF8203

初秋の万葉植物野外講座 ちょこっとハードだったかも、でも・・・

「万葉の明日香路に月を観る会」の翌日9月27日(日)、昨夜に引き続き御参加いただきました方々もあるなか、10時30分に犬養万葉記念館を出発。島の宮万葉歌碑~上居~都塚古墳~坂田寺跡万葉歌碑~明日香川飛び石万葉歌碑~案山子ロード~稲渕宮殿跡万葉歌碑(昼食)~祝戸展望台~玉藻橋のコースをたどり、15時50分に犬養万葉記念館に帰ってきました。そして皆さん一緒にお茶タイム、みなさんより一言ずつ感想をいただきました。どうやら今回のコースは少々ハードだったらしく、講師の馬場吉久先生も苦笑い。でも大満足という意見でみなさんの感想が一致してました。参加者の皆様、講師の馬場先生、ありがとうございました。次回は12月を予定しておりますので、またのご参加をお待ちしております。

DSCF8197DSCF8199DSCF8202DSCF8204

DSCF8186

第48回 万葉の明日香路に月を観る会 さ~て、お月さまは・・・

9月26日土曜日に第48回「万葉の明日香路に月を観る会」が行われました。ミニウォーク参加者15名は、15時に甘樫丘バス停に集合し、山内英正先生の引率で犬養万葉記念館までの万葉歌碑と遺跡を訪ねました。17時より月を観る会。脇田名誉館長の開会の辞に始まり、森川村長のご挨拶をいただきました。明日香村伝統芸能保存会「明日香の響」保存会の皆様による「八雲琴」の演奏、飛鳥太鼓の皆様による太鼓の演奏、明日香村伝統芸能保存会「万葉朗唱の会」の皆様による万葉朗唱のあと、お食事と懇親会と続き、「犬養先生と明日香の月」をテーマに山内英正先生の講話、最後に岡本館長の演奏で皆様と秋の歌を歌って終演。記念館を後にして、わずかな望みを持ちつつ、石舞台古墳へと移動。するとすると、薄雲の合間からお月さまの形が2回、目にすることができました。参加していただきました皆様、演奏いただきました明日香村の皆様、犬養先生、ありがとうございました!

DSCF8041DSCF8080DSCF8118DSCF8173

DSCF7676

11月5日(木) 第11回 館長講座

ご好評いただいております、岡本館長の万葉講座。

DSCF7611

第13回万葉の歌音楽祭の大賞は、竹中信子さんの「良き人の」!

去る9月12日(土)、国営飛鳥歴史公園石舞台地区野外ステージ「あすか風舞台」において、「第13回万葉の歌音楽祭」が行われました。北は北海道・新潟、南は広島・愛媛などから11組のエントリーがあり、ネパールからの留学生が出場されるなど、幅広くみなさまに万葉集に触れて頂く機会となりました。演奏曲にボコーダーを取り入れたり、チェロやフルートによる演奏、エレキギターでのロックなど多彩な表現で万葉歌を披露していただきました。またゲスト出演いただきました「女人舞楽 原笙会」の皆様には、雅な舞の披露があり、しばしいにしえのひと時を感じさせて頂く機会となりました。出場者の皆様、審査員の皆様、ゲストの原笙会の皆様、そしてこの音楽祭を暖かく見守ってくださったお客様、ありがとうございました。来年も楽しみにしておりますので、よろしくお願いいたします。

以下、受賞者の皆様、おめでとうございました。

大   賞    竹中信子さん  「良き人の」
明 日 香 賞    岩本三千代さん 「色なき風」
審査員特別賞   池田健太さん  「星の降る夜」
記 念 館 賞    谷真由美さん  「子らを思ふ歌」

DSCF7611DSCF7631DSCF7489DSCF7399

 

DSCF7095

飛鳥光の回廊(2日目/8月30日)

なんとなんと、「飛鳥光の回廊」二日目は、岡地区についてはまたもや降雨中止となりました。二日とも中止になったのは初めてだそうです。しかし犬養万葉記念館は、二日目も点灯しました。今回は点灯時間ぎりぎりまで準備を控え、雨上がりの間に一気に並べて点灯しました。昨日とは少し形を変えてみましたが、いかがでしょうか?

DSCF7095DSCF7112DSCF7134DSCF7140

P1020412

飛鳥光の回廊

昨夜8月29日夕刻、突然の雷雨で中止となった「ろうそくアート」。ご近所様やお客様にお手伝いいただきながら、どうにか点灯させることができました。みなさまありがとうございました。その中に写真家の羽田野さんがあり、たくさん写真も撮っていただきました。雨に濡れた記念館に灯るろうそくのあかり。とても神秘的でした。その羽田野さんの写真をご紹介させていただきます。ご一緒の小泉さんもありがとうございました。さて、本日2日目も、楽しみにしております。

P1020389P1020412P1020419