去る6月9日(日)、「初夏の万葉植物野外講座」が開催されました。

飛鳥歴史公園石舞台地区の駐車場に集合してスタート。小雨降るしっとりした新緑の中、上戸、細川と、ていかかづらや、ツユクサ、紫陽花、あふちなど、初夏の花木を馬場吉久講師の説明を受けながら歩きました。周辺の田植えもほぼ終わった田んぼは「水鏡」となって、新緑や景色を映していました。

祝戸の展望台に上がった時に雨も止み、矢田丘陵や生駒の山並みが望めました。

石舞台公園周辺をめぐりコースは、多くの万葉歌碑も確認でき、静かな飛鳥の里を満喫しました。ご参加の皆様、ありがとうございました。

次回は9月1日(日)の予定です。

シェアする: