猪熊兼勝氏講演会にご参集ありがとうございました。

令和にあらたまった最初の「若菜祭」の記念講演を考古学者、猪熊兼勝先生にお願いしておりました。春の行事はすべて中止となり、このたびの自粛規制の時期を経ましたが、猪熊先生には再びお願いをし、本日6月20日ようやく実現することができました。明日香村での各種行事も集会する場所が限られているのですが、犬養万葉記念館も密の状態で定員が40名ですので、今回だけは教育文化課のご理解のもと、明日香村健康福祉センター「かんなびホール」で、ホール定員の3分の1集客と言う条件で、また主催者側からは完全申込制、マスク着用条件で行いました。今月に入ってからの講座告知でしたが、あっという間に定員を満たし、みなさんが楽しみにしていてくださったことを知りました。

猪熊先生には「大津皇子の時代」というテーマで、大津皇子を軸に飛鳥時代の政権推移の背景の歴史を考古学的見地から説明して頂きましたが、特に明日香村での名所と言われる「石」や遺跡などについての謎も解け、また万葉歌もご紹介くださりながらの90分は、あっという間でした。学会発表のように講座内容をきちんと文章にまとめあげてくださったものを各自の資料として提供してくださいましたので、聴講された方々は、帰宅されてからもう一度おさらいをされたことでしょう。私が興味深かったのは猪熊先生の準備されたスライドでした。キリストの聖骸布ではありませんが、鎌足の遺骸のレントゲン写真や(びっくり!)、飛鳥資料館勤務の時にご自身が制作に関わられた山田寺仏頭のポスターや(今はプレミアがつく「作品」となったそうです)、もちろん多くの貴重な発掘写真など、先生の来し方を納得するものでした。質疑応答の時間も講座関連のみならず、猪熊先生が関わってこられた多くの発掘の成果とその中でもキトラ古墳の被葬者は誰か先生の見解を聞いてみたい・・・と尽きない時間でした。

柔和な語り口で、エピソードも交えながらの90分でしたが、折々に猪熊先生の情緒的なお人柄を感じました。雑談をする中で、阪神タイガースのファンであることも知り、御年82歳でいらっしゃいますが、ますますお元気にご活躍頂きたいと思いました。次回は犬養万葉記念館で講演会が開催できることを願っています。

万葉歌碑マップ「明日香村の万葉歌碑を歩く」が完成!

元号が万葉集から典拠された「令和」元年、多くの人々の「万葉のふるさと」への訪問を視野に入れ、橿原市と桜井市は早々に万葉歌碑マップを改定し発行されました。そんな中「明日香村の万葉歌碑マップはないのですか?」という声もお客様から何度も頂いておりました。犬養万葉記念館では、当初よりすでに明日香村内にある犬養先生の揮毫された歌碑のマップは作成しておりましたし、明日香村内すべての歌碑を網羅して新たにマップを作り直すことは、基本の地図をどうするか、また編集技術など費用面を含めても難しいと考えていました。そんな中、今春明日香村の観光マップが新しく発行されたのを知り、「この地図を利用して万葉歌碑マップを作成したい」旨明日香村に打診したところ、快く受け入れていただきました。昨年来、犬養万葉記念館も令和という新時代を迎えて、ありがたいことに多くの取材をして頂きました。それを受けて、記念館からも発信事業を行いたいという意欲と合致したことがうれしいです。折しも新型コロナウィルスによる長期休館に入っておりましたので、不足の写真取材や編集作業にも時間を割くことができ納得のいくマップが完成しました。明日香村に現存する万葉歌碑40基と関連碑5基、そして案内地図を掲載しています。特徴は下記の4点です。無料配布しておりますので、是非お立ち寄りください♪ ご利用いただけると幸いです。

1.表紙には犬養万葉歌碑第1号の明日香風万葉歌碑を採用し、犬養先生の功績と万葉歌碑のめぐり方を記載
2.記載順序は北から南へ巡回しやすく採番
3.歌碑の説明には、地図番号・所在地住所と補足・歌・作者・歌番号・大意・揮毫者を記載
4.地図は基本的に今春発行された明日香村観光マップを採用していますが、記載のない名所・旧跡を10数か所追記

2020年6月17日 福井県越前市味真野地区にある治左川の梅花藻

越前市万葉館で開催中の犬養万葉記念館交流展の展示替えに行きました。昨年も訪れたこの場所にまた来てみました。清流の流れに泳ぐ梅花藻。とてもきれいです!

飛鳥八稜竪琴の展示が加わりました。

私のラブコールに応じて下さり、犬養孝特別記念展の最中ですが、新たに令和の御物が加わりました。

明日香村に移住し工房を持ち、ギターをはじめ、弦楽器の製作をしておられる折坂諭さん。ご自身の製作技法を基本に、飛鳥、天平期の美術を追求しておられます。今年2月に行われた「明日香の匠」展で令和を記念して製作、出品されたこの作品に私は大変感銘を受けました。「令和を記念」と言うのは、私の思い込みが強いからかもしれませんが、昨年元号で注目を浴びた大伴旅人の万葉歌の中に、大宰府赴任中の旅人が親しい藤原房前(藤原不比等の第2子で、のちに天然痘で死去)に琴を送り、あわせて手紙と歌2首を添えて贈り物の由来を説明した箇所があります。古代の社交の1つのケースです。添えた創作文は、夢の中で琴が一人の娘子になって現れ、「いつになったら、この琴の音を知ってくださる方の膝の上で、膝を枕に横たわることができるでしょうか。」と語ったのを受け、「物を言わぬ木であってもお前はきっと素晴らしい方の親しまれる琴であるに違いない!」とやりとりがあり、夢でのことではあるが黙ってはいられず、添えて進呈いたします・・・という手の込んだプレゼント。1か月後「物言わぬ木であってもあなたのご愛用の琴を粗末に扱ったりいたしましょうか。」と房前から礼状が届いています。旅人も納得? 犬養万葉記念館で展示させて頂いた作品はそのエピソードからヒントを得て作られた竪琴。八稜/八花と呼ばれる銅鏡の外形を基本に、開口部は万葉の自然崇拝の王者「月」をかたどり、共鳴板の孔には高松塚古墳出土・透かし彫り金銅製金具のデザインをあしらったオリジナルの竪琴(ハープ)と言うことです。裏面には万葉仮名で「伎美我手奈礼能許等尓之安流倍志」巻5の811の歌も彫り込まれています。もちろん演奏も可能です。縦横約60センチ、ウォルナット材が主ですが、こだわって地元の明日香村産スギ、ヒノキも使用されています。

明日香村で毎年「匠」展が行われていますが、やはり「明日香村」においては万葉時代、そして「令和」というタイミングを捉えて作品を作られたセンスに、私の期待と一致したということでしょうか。折坂さんとの出会い、そして作品との出会いに感謝しています。折しも今朝のNHKのニュースで(6/8)コロナの影響で中止になっていた正倉院の御大典記念特別展「よみがえる正倉院宝物~再現模造に見る天平の技」が7月4日から開催されることになったとのこと。折坂さんの技術のもととなった本物の技を見学するチャンスもできました。何とタイムリー!明日香の「匠」折坂さんの作品も令和の宝としてこれからも貴重な品となっていくことでしょう。折坂さんがかつて作っておられる琵琶やその他の作品もまたご紹介できたらいいなと思います。オカモの笑倉院(昔のホームページで公開していた)には間違いなく登録です。(笑)

 

6月1日(月)より通常開館させていただきます!

6月1日(月)より通常開館とさせていただきますが、引き続き新型コロナウィルス感染防止のためご協力をお願いいたします。
また、予定されておりました6月の館内でのイベントは中止させていただきます。(7月より再開の予定です)

1.咳や発熱のある方の入館はご遠慮ください。
2.必ずマスクを着用し、鼻と口を覆ってください。
3.入館時、備え付けの消毒液で手の消毒をお願いします。
4.館内での大きな声は慎んでください。
5.人と人との距離を置いてください。
6.場合によって入場制限をさせて頂くことがあるかもしれませんが、ご容赦ください。

以上につきまして、よろしくお願いいたします。

令和記念「犬養万葉特別展」のご案内(5月19日~9月29日の予定)

新年度の企画展示として休館中も展示作業をし、いつでも皆さまに見て頂けますように準備してまいりましたが、ようやくお披露目できることとなりました。全館特別展示となります。

犬養先生の名著『万葉の旅』全3巻が昭和39年に世の中に出てから、56年が経ちます。後に「万葉風土学」という学問ジャンルの1つとして世の中に認められるようになり、万葉歌の詠われた背景の万葉故地が注目を浴びるようになりました。犬養先生の講演や書物などを通して、多くの人が知ることになり、地元の人々は「ふるさと」を再認識されるようになりましたし、関心を持たれた人たちの「万葉の旅」というテーマ旅もすっかり定着しました。新時代「令和」を迎えて、新たな万葉集ブームが起こりました。犬養万葉記念館では、あらためて『万葉集』についてや、犬養孝博士の功績を振り返りながら、記念館で万葉故地の様子をご紹介したり、全国に広がる「万葉の故地」を記念館で旅をして頂きたいと思います。

 

第3回味真野交流展(越前市万葉館)4月1日~7月31日まで延長(5/22更新)

昨日(4月1日)より、越前市万葉館において「万葉集の植物に親しむ」をテーマに、第3回犬養万葉記念館交流展が始まりました。新型コロナウィルスの影響で私どもの犬養万葉記念館は休館中ですが、おりしも犬養先生のお誕生日である4月1日に、万葉故地としてもゆかりの深い味真野で3回目の交流展を予定通り開催できたことは本当にうれしいことです。会場のある福井県越前市の味真野万葉苑をはじめ、万葉の里はちょうど桜が見ごろで、うっとりと見惚れ、心がなごみました。庭園はこれから益々新緑や花々が美しい季節を迎えます。

今回の展示には、昨年の交流展で私たちと出会い、その後「万葉」をテーマに和紙人形を製作された、愛知県大府市立共長公民館の和紙人形同好会の方々の作品も展示させていただきました。おかげさまで展示が華やぎました。「万葉の植物」を犬養先生の軸装の書や、写真、絵画、花かるたなど、いろんな角度から楽しんでいただく展示内容です。越前市万葉館は、車では北陸自動車道武生ICから15分の場所。みなさまどうぞ、しっとりと落ち着いた越前の里、万葉の里へお越しくださいませ!

万葉歌碑のご案内

明日香村の万葉歌碑が、飛鳥観光協会さんのWebサイト「あすかナビ」に紹介されています。歌碑の状態がよくわかりますし説明もあり、スマホと連携すれば道案内もしてくれます。不要不急の外出自粛のおり、おうちに居ながら万葉歌碑探訪ができます。自粛が解除になったら、是非万葉歌碑を訪ねてください。あわせて奈良女子大学さんが作成された奈良県の万葉歌碑の紹介サイトもございますので参考にしてください。

明日香村の万葉歌碑のご紹介((一社)飛鳥観光協会作成サイト「あすかナビ」にリンク)

奈良県の万葉歌碑のご紹介(奈良女子大学21世紀COEプログラム「古代日本形成の特質解明の研究教育拠点」による、奈良県北部の万葉歌碑のデータベースにリンク)

7月7日(火)みんなで歌おう、童謡唱歌!

みんなで歌おう、童謡唱歌!

「歌は世につれ、世は歌につれ」と申します。犬養万葉記念館で、楽しくなつかしい思い出の歌を歌いませんか。「歌は心の音楽!」です。岡本館長の伴奏で、一緒に歌いましょう。

日 時 : 7月7日(火曜日)11時から12時まで
会 場 : 南都明日香ふれあいセンター犬養万葉記念館
参加費 : 500円(資料代)

< 次の予定 >
8月4日・9月1日・10月6日・11月3日・12月1日
1月5日・2月2日・3月2日

DSCF9302

7月12日(日)岡本三千代の万葉講座

ご好評いただいております、岡本三千代の万葉講座。
なつかしい犬養先生の映像も交えて、万葉集をお楽しみ頂けます。

日時:7月12日(日)13:00~15:00
場所:南都明日香ふれあいセンター 犬養万葉記念館
費用:1,000円
予約:不要

< 次の予定 >
8月2日・9月6日・10月11日・11月8日・12月6日