FMヤマト(77.5MHz)で「岡本三千代の万葉うたがたり」が放送されます!

令和3年の今年2月11日に開局されました奈良県中和地区のFMヤマト(77.5MHz)において、前館長の岡本三千代の番組「岡本三千代の万葉うたがたり」が放送されることになりました。最初の放送は、5月9日(日)夜9時(生放送)からです。以降隔週で放送される予定で、再放送も予定されています。奈良県の中和地区(大和高田市の全域、橿原市・香芝市・葛城市・御所市・広陵町・田原本町・高取町・明日香村の一部)でしか聞くことができないのが残念ですが、ラジコで聴くことができるよう手続き中(7月以降を予定)とのことです。詳細が判り次第こちらでもお知らせします。お楽しみに!

 

初恋通信No.11(2021年3月1日号)を発行しました!

次のアイコンをクリックしてください。

初恋通信No.11_20210301

バックナンバーはこちらからご覧ください。

初恋通信No.10_20200201

初恋通信No.9_20190401

初恋通信No.8_20180909

初恋通信No.7_20180401

初恋通信No.6_20170901

初恋通信No.5_20170301

初恋通信No.4_20161001

初恋通信No.3_20160401

初恋通信No.2_20151001

初恋通信No.1_20150401

 

2021年3月6日~31日 恋する飛鳥フリーウォークのスタンプポイントになりました!

国営飛鳥歴史公園主催の「恋する飛鳥フリーウォーク」のスタンプポイントに「犬養万葉記念館」が採用されました。開催期間が3月6日(土)~31日(水)です。当館は毎週水曜日が休刊日ですので、最終日の31日は来館いただけませんのでご注意ください。

明日香村5つのポイントをめぐり、「スタンプ」を集めながら、村内の歴史や美しい景観を満喫・・・
あなただけの「恋する飛鳥」を見つけてください。
飛鳥が好きな人・・・。
飛鳥でステキな思い出をつくりたい人・・・。
一人でも参加可能!!
(国営飛鳥歴史公園作成テキストより)

 

 

 

 

<5つのポイント>
①道の駅飛鳥/飛鳥びとの館 ②キトラ古墳壁画体験館「四神の館」 ③石舞台/明日香の夢市 ④犬養万葉記念館 ⑤国営飛鳥歴史公園館(ゴール)
ゴールの国営飛鳥歴史公園館にて「すてきなグッズ」が当たる大抽選会があります!!!

「広報あすか3月号」に掲載されました。

昨年末記念館で出版しました、つづきあつこさん画の「古代・万葉集名鑑」を、明日香村図書室や明日香小学校・聖徳中学校に寄贈させていただきました。思いがけず明日香村の広報誌「広報あすか3月号」に紹介頂き恐縮しています。次代の子どもたちにも見てほしい、万葉集との出会いのきっかけになれば・・・と明日香村のほかに、高取町図書室・橿原市立図書館・桜井市立図書館・高岡市万葉歴史館・越前市万葉館・大宰府展示館(古都大宰府保存協会)にも寄贈させて頂きました。

記念館の図書室でも閲覧できます。そしてよろしければお買い求めください。

「万葉うたがたりと共に40周年 令和記念コンサート」をブルーレイで発売開始

個人的な館長告知をさせて頂きます。岡本本来の活動、『万葉集』を歌い、語る「万葉うたがたり」が、コロナ禍の2020年に40年を迎えました。ただいまも再びコロナ感染が広がっていますが、11月21日に西宮市のフレンテホールで奇跡的に行うことができました。無観客も想定し、映像に納めていました。うたがたりメンバーの愛蔵版として、思い出に残るものとなりましたが、もしも「見たい」とおっしゃる方がありましたら、販売させていただきますので、記念館にご一報くださいませ。「元気の素」です。

令和2年12月28日 つづきあつこさんの「万葉集名鑑」出版が産経朝刊奈良版に掲載!

『万葉集名鑑』展示最終日の掲載となりました。「イラストを描くことで歌のイメージをつかみやすくした。本をきっかけに子や夫を思い、世をはかなむ気持ちを描かれた万葉歌にもっと気軽に触れてもらえれば」と、つづきさんが記者の取材に話されたことが記事の締めとなっています。本は税込み700円で犬養万葉記念館で販売しております。

DSC_0556

令和2年12月12日 つづきあつこ作「万葉集名鑑」発売開始!

展示中の『万葉集名鑑』がお客様に大変好評で、本が欲しいとのお声をたくさんいただき、本日発売することになりました。ご自身で万葉の世界を「絵本」にされた、つづきあつこさんの作品です。万葉びとのドラマがつづきワールドでほっこり描かれています。どうぞお買い求めくださいませ。税込み700円です。お電話もしくは当館ホームページからもご注文いただけます。

つづきあつこ プロフィール
万葉集との出会いは、中学3年の信州への修学旅行。バスガイドさんの千曲川を詠んだうたを聴いて好きになり、高校1年のときに犬養孝先生の著書を知り読むようになりました。飛鳥の里に通い始め、万葉集を通じて古代史・考古学の分野に興味を広げ、大学では日本史(古代史)を専攻しました。

DSC_0454

2021年TSUBAICHIオリジナルカレンダー 好評発売中!

2020年はコロナ禍の1年でしたが、容赦ない時と季節の移り行きをこのカレンダーの万葉植物が慰めてくれました。さて2021年版は、もう一度太宰府の令和の「梅」から仕切り直します。皆様のご要望により、訳文も復活しました。ご注文・お問い合わせは電話・FAX・メールでお待ちしております。
部数・お名前・ご住所・お電話番号をお知らせください。価格は税込み1,200円です!(送料は実費を頂戴します)

634-0111 奈良県高市郡明日香村岡1150
南都明日香ふれあいセンター 犬養万葉記念館
TEL: 0744-54-9300  FAX: 0744-54-4200
E-mail: info@inukai.nara.jp

明日香村の広報9月号に犬養先生が掲載されました(8/31)

明日香法(正式名「明日香村における歴史的風土の保存及び生活環境の整備等に関する特別措置法」)が公布・施行されてから40年を記念して、明日香村の広報では特集が組まれました。その成立に貢献されたおひとりとして犬養先生が紹介されています。

 

「明日香村の万葉歌碑を歩く」が8月24日の産経新聞朝刊奈良版で紹介されました!