令和4年4月25日~5月6日 第1回奈良と近代文学展「詩人・吉増剛造と奈良」

第1回奈良と近代文学展
インタビュービデオと写真で訪ねる

「詩人・吉増剛造と奈良」

日時:2022年4月25日~5月6日 10:00~17:00(入館受付は16:30まで)

場所:南都明日香ふれあいセンター犬養万葉記念館

入場無料

文化勲章に最も近い詩人・吉増剛造氏のインタビュー映像と
彼の足跡を追って旅した写真家の作品を紹介

吉増剛造氏はこれまで幾度となく奈良を訪れ、二上山や吉野などを旅しています。1982年の旅で生まれた詩「オシリス、石ノ神」をはじめ、西行や折口信夫への思いをインタビュービデオにて放映。また、吉増氏の創作の足跡を追って、2年間に渡り日本中を旅した篠原誠司氏の写真の展示を行います。

吉増剛造(詩人)
1939年東京生まれ。慶應義塾大学国文科学中から詩作を始め、1964年の第一詩「出発」以来、先鋭的な現代詩人として国内外で活躍。2012年、文化功労者に選出。2015年、日本芸術院会員に選出。

篠原誠司(写真家)
1965年栃木県生まれ。多摩美術大学在学中に、吉増剛造氏の勧めで写真を始める。2009年より足利市立美術館学芸員。「涯テノ詩聲 詩人 吉増剛造展」(2017-18年)、写真展「瞬く皮、死から発光する生」(2020年)などを企画。

主催:「奈良の近代文学展-詩人・吉増剛造と奈良-」実行委員会
後援:明日香村教育委員会

令和4年2月25日~4月21日 明日香法~「日本のこころのふるさと」を守り活かす法~

明日香法-「日本のこころのふるさと」を守り活かす法-
(明日香法制定40周年記念誌発刊記念パネル展)

【展示】見学無料
期間:令和4年2月25日(金)から4月21日(木)[水曜日休館]
時間:10:00~17:00(最終入館受付16:30)
特典:アンケートにご協力くださった先着500名様に「明日香法制定40周年記念誌」を差し上げます!
会場:南都明日香ふれあいセンター 犬養万葉記念館
奈良県高市郡明日香村岡1150(奈良交通 岡寺前バス停すぐ)

【記念講演】定員30名・入場無料・要予約
第1回 3月26日(土)
明日香法とあゆむ明日香村 講師:木治準宝(明日香村総合政策課長)
第2回 4月 2日(土)
明日香法制定の軌跡  講師:藤田 尚(明日香村政策担当顧問)
第3回 4月 9日(土)
犬養先生と明日香法  講師:岡本三千代(犬養万葉記念館特別館長)
会場:明日香村商工会館2階会議室 明日香村島庄5 奈良交通島庄バス停前
各講演とも、開場 12:30 開演 13:00 終了予定 14:00
申込受付:2月24日10:00より、南都明日香ふれあいセンター犬養万葉記念館 電話 0744-54-9300

主催・お問い合わせ:明日香村総合政策課 電話 0744-54-2001
共催:南都明日香ふれあいセンター犬養万葉記念館

令和4年1月18日(火) みんなで「令和4年」の大書初め展

はじまりました!!! 令和4年1月18日(火)より2月6日(火)まで開催します!

あたらしい年にあたらしい気持ちで文字を書くことを「書初め」と言います。毛筆でもペン字でもえんぴつでも書いてみよう!・・・と呼びかけて、応募して頂いた令和4年の「書初め」作品は、明日香小学校からの作品40点と、聖徳中学校からの作品41点と過去最高の出展数となりました。中1全員の課題書「温故知新」は並んで圧巻の迫力です。またそれぞれの個性の光る作品が多く寄せられ、複数応募くださった方もあり、多彩な創作に感心しました。そしてただいま記念館のホールは若々しい「書初め」パワーが満ちあふれています。

展示期間中には、出品したご本人もしなかった人たちも、また明日香村の方々にも子供たちの「書道」作品の実力と新年の「言祝ぎ」をぜひ見に来ていただきたいです。お待ちしています。

第4回 明日香匠の会新春作品展 令和4年1月8日(土)~16日(日)

明日香村在住の匠の作品26点が展示されています。入場無料です。是非ご覧くださいませ!

主催:明日香匠の会
お問い合わせ先:明日香匠の会事務局 電話 0744-54-5600

令和3年11月13日(金)聖徳中学校華道部(未生流)の作品展示!

聖徳中学校華道部(未生流)の生徒さん、2年生のお三人。稲葉愛さん、新井心夏さん、上田果鈴さんの作品です。花は、アカネヤナギ・デンファレ・カスミソウ・バランです。ありがとうございます♪

DSC_0014

令和3年10月29日(金)聖徳中学校華道部(未生流)の作品展示!

聖徳中学校華道部(未生流)の生徒さん、3年生のお三人。北村優依さん、上島沙弥香さん、西本陽香さんの作品です。花は、トクサ・キク・ガーベラ・グロリオサ・ススキ・ニューサイラン・ハナハス(パンプキン)です。ハロウィン!って感じでとても賑やかです♪

DSC_0857

第6回「万葉の人々を描く」絵画展(令和3年9月11日~21日)

明日香村は『万葉集』のふるさと。昔、むかしから多くの人々が活躍し、生活をした場所です。また、明日香小学校・聖徳中学校のそばには、飛鳥の歴史を作られた天武天皇・持統天皇が眠っておられます。昨年、中尾山古墳が文武天皇陵であることもわかりました。皆さんは古代のどんな万葉ひとを思い浮かべるでしょうか。今年も募集したところ、とても素晴らしい、興味深い作品が集まりました。子供たちの目線の意外さと、表現に感心しました。

子供たちの力作をぜひ、ご覧頂きたいと思います。

展示期間:令和3年9月11日(土)~21日(火)

出展の作品を、烏頭尾精さんと犬養万葉記念館で審査させて頂きました。

受賞者のみなさん、おめでとうございました!

明日香小学校
1年1組 石田陸さん    大賞
4年1組 山﨑理生さん   記念館賞
5年2組 増田大偉志さん  敢闘賞
6年2組 山﨑悠生さん   敢闘賞

聖徳中学校
2年   増田愛香さん   烏頭尾精賞

DSC_0658

DSC_0659

第4回万葉故地交流展『万葉集』を楽しむ~われら万葉衆~令和3年9月3日~11月30日

2018年4月から始まった越前市万葉館と奈良県明日香村の南都明日香ふれあいセンター犬養万葉記念館との交流展も、はや4回目を迎えました。第1回「~犬養孝没後20周年を迎えて~味真野と犬養孝」は、味真野苑に建立されている2基の万葉歌碑の揮毫者である犬養孝のご紹介と明日香村や犬養万葉記念館のご紹介、そして第2回は「教科書で習った『万葉集』~小・中・高のベストテンの歌は~」と子どもたちが教育現場で学び、教科書などで人気のある歌を統計しご紹介しました。第3回は豊かな味真野苑の庭園の植物群にも目を留め「万葉の草木花を訪ねて」と『万葉集』に詠まれた植物の写真を展示しました。
今回は犬養孝に出会い『万葉集』に魅せられた人々が、それぞれに自分のスタイルで万葉を楽しまれる姿をご紹介しています。その姿はもはや「犬養万葉」の伝道者と言えるでしょう。今後、越前市や万葉館からもたくさんのユニークな「万葉衆」のお仲間が増えることを期待しています。

『万葉集』の多彩な引き出しをあらためて楽しんで頂ければ幸いです。

期 間: 令和3年9月3日~11月30日
時 間: 9:00~16:30
休館日: 毎週月曜日(祝日を除く)、祝日の翌日
会 場: 福井県越前市余川町55-1 越前市万葉館(万葉の里 味真野苑内)
電 話: 0778-27-2204

 

DSC_0582

DSC_0589

DSC_0584

令和3年4月3日(土)~18日(日) 谷佳余子「花の絵水彩画展」~万葉の花を描く~

10年前に故中島清隆先生の『野に咲く花の水彩画』に出会い花を描き始めました。その後岡本三千代先生の『万葉講座』に参加し、1300年もの月日を経て『万葉集』で詠われている花が今もなお私達の目を楽しませている事に気づきました。
稚拙な絵ではございますが、四季折々の花をご覧になって万葉人のロマンを感じて頂ければ幸いと存じます。

谷 佳余子

期間:令和3年4月3日(土)~18日(日)
時間:10:00~17:00(入館受付は16:30まで)最終日の18日は15:00まで

入館:無料

DSC_0043

令和3年1月19日(火) みんなで「令和3年」の大書初め展

はじまりました!!! 令和3年1月19日(火)より2月16日(火)まで開催します!

あたらしい年にあたらしい気持ちで文字を書くことを「書初め」と言います。毛筆でもペン字でもえんぴつでも書いてみよう!・・・と呼びかけて、応募して頂いた2021年の「書初め」作品は、明日香小学校からの作品24点と、今回は聖徳中学校の生徒さんの作品56点も加わりました。中1全員の課題の作品もありますし、またそれぞれの個性の光る作品が多く寄せられました。そしてただいま記念館のホールは若々しい「書初め」パワーが満ちあふれています。

展示期間中には、出品した人もしなかった人も、また明日香村の方々にも子供たちの「書道」の実力をぜひ見に来ていただきたいものです。