犬養先生、ふたたび・・・。(文責:おかも)

犬養万葉記念館でさりげなく館長講座に参加しておられた岡本直也さん。実は朝日新聞社の記者さんでした。思いがけずこのたび退職される前の節目のお仕事に「犬養孝」記事を書き上げてくださいました。何という幸運でしょうか。令和という年号によって、『万葉集』に注目が集まり、また明日香村の犬養万葉記念館がいろんな機会に紹介され、再び犬養先生のことを知って頂く機会も増えましたが、歴史学者の山内英正さんからすれば「亡くなって20年以上も経た人物はもう歴史上の人物である」とのこと。しかし私たちにとってはいまだに昨日のことのように思い出を語り継ぐ犬養孝先生です。その犬養先生の来し方を今あらためて新聞紙上で掲載してくださる機会ができたことを本当にうれしく思います。その記事からこのたびはじめて「犬養孝」を知る人もあるでしょうし、「犬養先生」「万葉集」に興味を持っていただけるかもしれません。かつての「思い出」をなつかしく蘇らせる方があるかもしれません。その記事を見て、明日香村へ、そして犬養万葉記念館に来てくださる方もあれば、全国の万葉故地に行ってみようと思われる方もあるでしょう。「一人でも多くの人に万葉集の魅力、万葉人の心の輝きを知ってほしい」と生涯楽しんで万葉の旅、人生の旅を続けられた犬養先生のたましひが永遠であることの証だと思いました。今月、朝日新聞の夕刊(全国版?)で紹介されるようです。明治生まれの犬養先生が、昭和、平成、令和と今もなお慕われ、敬愛され、こうして記事で取り上げて頂かれることの「徳」をしみじみ感じます。岡本記者、コロナ禍の中、足での取材を本当にありがとうございました。
写真は、昭和50年に机島の歌碑建立のために先生とマジと三人で「石」を下見に行った時のショット。やはり先生と手をつないでいますね。(笑)