令和記念「犬養万葉特別展」のご案内(5月19日~9月29日の予定)

新年度の企画展示として休館中も展示作業をし、いつでも皆さまに見て頂けますように準備してまいりましたが、ようやくお披露目できることとなりました。全館特別展示となります。

犬養先生の名著『万葉の旅』全3巻が昭和39年に世の中に出てから、56年が経ちます。後に「万葉風土学」という学問ジャンルの1つとして世の中に認められるようになり、万葉歌の詠われた背景の万葉故地が注目を浴びるようになりました。犬養先生の講演や書物などを通して、多くの人が知ることになり、地元の人々は「ふるさと」を再認識されるようになりましたし、関心を持たれた人たちの「万葉の旅」というテーマ旅もすっかり定着しました。新時代「令和」を迎えて、新たな万葉集ブームが起こりました。犬養万葉記念館では、あらためて『万葉集』についてや、犬養孝博士の功績を振り返りながら、記念館で万葉故地の様子をご紹介したり、全国に広がる「万葉の故地」を記念館で旅をして頂きたいと思います。