③取材あれこれ

4月1日の新元号「令和」決定直後から、たくさんの取材を頂きました。記録のために列挙しておきたいと思います。

テレビ、ラジオでは即日

①RKB福岡毎日放送ラジオ 16時オンタイム出演

②日本テレビ「ミヤネ屋」14時オンタイム出演

③テレビ朝日「羽鳥モーニングショー」ボードで翌日吹き出し出演

④関西テレビ「報道ランナー」取材はしたが、オンエアーに間に合わず没。

新聞では当日取材ラッシュのあと4月2日版として

①朝日新聞(朝刊)

②日刊スポーツ

③スポーツ報知

④奈良新聞(朝刊)

⑤4月3日 産経新聞(朝刊)

雑誌

①関西ウオーカー(kadokawa)4月24日~5月7日号「万葉集ゆかりの地」

②女性自身(光文社)6月18日号「令和に行きたい万葉集の旅」

③一個人(KKベストセラーズ)2019年7月号「令和の時代に知りたい!万葉集と古事記入門

④ノジュール(JTBパブリッシング)2019年7月号「万葉集を旅する」

⑤サライ(小学館)2019年8月号「万葉集を旅する」

関連で出版されたもの

①万葉集を書いて学ぶペン字練習帳(犬養孝『わたしの万葉百首』より)2019年5月30日リニューアル再販

②万葉集を歩く: 犬養孝がたずねた風景 (平凡社コロナ・ブックス)

『万葉集』が注目されましたが、犬養万葉記念館の存在、犬養孝先生についての関心が高まったことは、本当にうれしいことでした。加えて、館長である岡本にも「犬養先生との思い出」や、岡本の活動(万葉うたがたり)などの取材も受けたこと、また、私たちのバイブルともいえる『万葉の旅全3巻』があらためて新聞紙上で紹介されたことなど、数々の喜びが重なった「令和」でした。