平成31年4月1日 新元号の発表に当たり

きょうはいよいよ即位される新天皇の「新元号」が発表されました。折しも、きょうは明治40年4月1日がお誕生日の犬養孝先生を偲んで、甲南女子大生の有志が犬養宅で集う日でもありました。私は車で移動中に新元号を知りましたが、「令和」という年号の典拠が『万葉集』であったことから、直後から次々と私の携帯に連絡が入り始めました。友人知人の「おめでとう」メールに交じって、記念館からの連絡で、取材申し込みを直接振るので受けてほしいということで、最初の電話はまだ運転中の12時5分。RKB九州毎日放送ラジオでした。『万葉集』というだけで、犬養万葉記念館に問い合わせが殺到することがまず驚きでした。ようやく犬養邸についてからは、犬養先生のみ霊様にご挨拶をするのもそこそこに、次々と入る取材の電話に対応し、新聞社5社、テレビ3社、ラジオ1社と、夕方には携帯電話が充電切れになったほど・・・。結果、2社のテレビ出演と、オンタイムのラジオ出演で、知らせる余裕もないタイミングでしたが、
気がついてくださった方もあったようでした。手元に何も資料がないままに話す大胆不敵さでした。明日は朝日新聞の朝刊にも出そうです。
私が背中がぞくぞくしそうな感慨を持ったのは、犬養先生のお誕生日の4月1日に元号の発表があったこと。また、取材を受けた私が偶然に犬養先生のお宅にいたことです。先生のみ霊様の前で、次々と聞かれるままにお返事しましたが、犬養先生のかわりにインタビューを受けているような錯覚でいました。犬養先生は平易な言葉で『万葉集』を広く世の中に伝え、万葉ファンを増やされた功績が、文化功労者してたたえられましたし、天皇家とはご縁も深く、特に昭和天皇とのエピソードが有名ですが、次期天皇となられる浩宮徳仁皇太子殿下とも、学習院時代の飛鳥旅行の折に犬養先生がご案内されたことがあり、思い出の記として、歌会始でその時のことをご披露されています。
その皇太子さまが即位され、新元号が初めて中国文学の故事来歴などではない「国書」(この表現もびっくりしましたが)からの引用として『万葉集』が注目を浴びることになったなんて・・・。何てミラクル!本当に信じられません。
先生がご存命であったなら、どんなにか喜ばれたことと思います。今日の思いがけない「えにし」に感謝や、感激しながら、本当に長い1日を過ごしました。果たして犬養万葉記念館館長として責任が果たせたかどうか、気になるところですが、取材をきっかけに記念館に来てくださる方も増えることでしょう。また、これからのメディアも含めた『万葉集』ブームの過熱もしっかり見定めながら、私たちも新たな令和時代の万葉発信が期待されていることでしょう!
きょうは、本当にドラマチックな4月1日でした。