2019年 TSUBAICHIオリジナル万葉カレンダー 好評発売中!

岡田憲佳(故人)さんという山口県下松市の万葉写真家がかつて「万葉カレンダー」を制作されていました。万葉植物に特化して、日本国中にその草木花を求め、それはそれは美しいカレンダーでした。その後、『万葉花』という文庫版の写真集を出版され、犬養先生も推薦文を寄せておられます。

2010年のカレンダーを世に出されたのちに逝去され、毎年楽しみになさっておられたカレンダーファンの方もおられましたが、それにも増して私が残念でならず、傷心の思いでおりました。

その頃、犬養先生の阪大門下で、定年後、生家に戻られた木田隆夫さんが、自宅の敷地内に猪名川万葉植物園と名付けられかつてからあった木々と共に、万葉植物を植栽し、私たちにも公開してくださっていました。個人で植物園として楽しまれる姿がうらやましく、思いついたのが「猪名川万葉植物園」にある万葉植物をご紹介するのに、私も万葉カレンダーを作れないか…ということでした。当時私は事業を会社組織にしておりましたので、個人でカレンダーを制作することを決め、2011年度に初めて「TSUBAICHIカレンダー」が誕生いたしました。

もちろん、岡田憲佳さんのご家族にも「芸術写真作品の岡田さんのカレンダーとは雲泥の差ですが、岡本としては万葉ファンのための1つの素材として楽しんで頂きたい旨、作らせていただきました。」とご報告もし、以来今日まで制作をして参りました。

途中、私の目的とファンのニーズのギャップで、写真映像についてのクレームや、ご異見を頂き、途中カレンダーの形を変えたこともありましたが、私の思いも少しずつ変化もあり、今ではカレンダーを「売る」ことより、「教材」として万葉歌の知識を得る、日常の植物世界を楽しむことの大事さや、『万葉集』に詠われた160種類ほどの植物をできるだけ網羅し、ご紹介したいという思いで、今年も引き続き制作いたしました。猪名川植物園で私が写させて頂いた写真もありますし、また犬養万葉記念館で万葉植物講座を担当してくださっている馬場吉久さんの貴重な写真映像も提供して頂き、2019年版が出来上がりました。岡田さんから勝手にバトンを繋ぎましたが、10年近く続けてこられたことを大変うれしく思います。

定価は(税込み)1,000円です。お買い求めいただけましたら幸いです。どうぞよろしくお願い致します。

ご遠方の方には郵送(送料は、実費をご負担願います)できますので、どうぞご連絡くださいませ。
お名前、ご住所、お電話番号、万葉カレンダーの数量をお伝えください。

お申込みは、犬養万葉記念館まで 電話 0744-54-9300
ホームページのお問い合わせフォームからでもお申込みできます。