犬養孝色紙 「明日香風」


グッズ_色紙_明日香風品名
:犬養孝色紙 「明日香風」

価格:500円

内容:明日香風万葉歌の複製

絵葉書6枚セット 「犬養万葉歌碑はがき」

品名:絵葉書6枚セット 「犬養万葉歌碑はがき」絵葉書6枚セット_犬養万葉歌碑

価格:400円

絵葉書8枚セット 「犬養万葉記念館記念はがき」

絵葉書8枚セット_犬養万葉記念館記念
品名
:絵葉書8枚セット 「犬養万葉記念館記念はがき」

価格:400円

万葉の里

書籍_万葉の里

品名:万葉の里

著者:犬養孝

出版社:和泉書院

価格:1,500円

内容:平成19年犬養孝の生誕百年を記念して発刊された。本書は「大阪新聞」連載の珠玉の随想67編を収録した。今、万葉風土の実相が蘇る。

犬養孝の万葉百首朗唱

犬養孝の万葉百首朗唱品名:犬養孝の万葉百首朗唱

価格:2,000円

概要:万葉集4,500余首の中から、犬養孝が自ら選んだ100首を自ら朗唱したもの。「犬養孝萬葉かるた」とともに遊ぶのも面白い。その他かるたや犬養孝先生のエピソードも収録されている。

犬養孝萬葉かるた

品名:犬養孝萬葉かるた

価格:2,500円

内容:昭和24年、大阪市住吉区粉浜の犬養孝先生宅に集まった、旧制大阪高等学校生や樟蔭の女学生たちのために、犬養先生が万葉集から百首を選び、かるたを作った。

敗戦後の物資のない時代、紙も貴重品で、かるたの台紙に使ったのがタバコの空き箱。ヘビースモーカーだった犬養先生愛飲の「光」と、生徒が吸った「憩」の空き箱を二重に張り合わせて作られたオリジナル。

読み札にはふり仮名を付け、取り札は下二句をひらがなで、先生が丁寧に書かれた。以来、犬養家のお正月は、生徒や卒業生が集まり、楽しい新年会の最後には、萬葉かるたで遊び、その後、ぜんざいのふるまいが恒例の行事となった。その復刻版を制作した。万葉歌読み下し小冊子付き。

絵葉書4枚セット 「冨田利雄イラストはがき」

絵葉書4枚セット_冨田利雄イラスト品名:絵葉書4枚セット 「冨田利雄イラストはがき」

価格:300円

犬養孝揮毫の万葉歌碑探訪

manyokahitanpou

品名:犬養孝揮毫の万葉歌碑探訪

著者:犬養孝・山内英正

出版社:和泉書院

価格:2,700円

内容:犬養孝揮毫の万葉歌碑は、昭和41年11月12日に犬養先生の還暦記念にと、阪大の教え子らが甘樫丘に建てたのが始まりである。よってこれは単なる記念碑ではない。甘樫丘にホテル建設計画が持ち上がり、この開発の防波堤として立てられたのが本来の目的である。しかし、犬養先生はこの歌碑建立計画を固辞されていた。自分の文字が入った歌碑が人目に触れる場所に立つことをはばかられたのだ。しかし教え子らの熱心な思いに根負けされ、第1号歌碑が立つことになった。その後ホテル建設の話は中止となり、犬養孝揮毫の万葉歌碑が万葉故地を乱開発の手から守る防波堤となったことが証明された。その後、全国の万葉故地に歌碑が建立され、犬養先生が亡くなられた後も増え続け、現在141基となっている。犬養万葉歌碑が立つ場所は、ほとんど人気のない風光明媚な万葉故地に立つ。この本は持ち歩くには重くて大きいが、ご利用頂き多くの皆様に犬養孝揮毫の万葉歌碑を訪ねていただきたいと願っている。犬養万葉歌碑137基が歌碑の写真とともに、所在地・解説などが解りやすく示されている。

5月12日(木)8:30奈良テレビの「ええじゃないか」で当館が放送されました!

犬養孝氏は、万葉集の研究の第一人者であり、『犬養節』と呼ばれる独特の万葉朗唱とともに万葉集の世界を多くの人々に紹介し、飛鳥を愛し、その保存に尽力しました。
「犬養万葉記念館」は、犬養氏の業績を顕彰する記念館。
犬養氏の数々の作品や万葉集の研究のために収集した全国の万葉の風土に関わるものを展示しています。
万葉集ゆかりの地を解説したDVDを上映するとともに、万葉故地を歌とともに紹介する企画展などを実施。万葉集に関する図書を約8,000冊所蔵しています。
明日香村の静かな町中にひっそりと佇み、カフェでは食事や喫茶を楽しむことができます。テラスでは、季節を感じながらゆったりとした時間を過せます。
万葉歌に詠まれた自然、風土、人の心を感じることができます。

三重テレビ「ええじゃないか」のサイトはこちら
http://www.mietv.com/yajikita/archive/160509/02.html

ええじゃないか