DSC03349

5月30日~6月5日 白雲友子「新・天地創造7部作+未公開作品」原画展

DSC03349

緊急開催決定!
白雲友子「新・天地創造7部作+未公開作品」原画展
at
飛鳥(明日香)・犬養万葉記念館ギャラリー 
634-0111奈良県高市郡明日香村岡1150
TEL
0744-54-9300


開催期間:5/306/56/1休館日)
開廊時間:10:00~16:45(最終日は1500まで)
休館日:水曜日 530日は午後から開廊。


めったに表に出ることのない原画が、飛鳥の地にて、勢揃いします!この機会にぜひご覧ください。

< 65日(日) ギャラリー講演会&雅楽演奏 >
残席僅少のため、予約をおススメ致します。

お申込み&お問い合わせ:白雲友子ファン倶楽部 tel.070-6505-4034

朝の部(1,000円)鴫原先生(日本文化史)×白雲友子×広瀬剣(雅楽演奏)
10:30-11:30
『早良親王を起源とする怨霊と禍津神の研究。日本人の霊魂の考え方と供養の仕方。音による浄化。』 


昼の部(2,000円)白雲友子(ギャラリートーク)×広瀬剣(雅楽演奏)
13:00-14:40
『絵の解説。これから進むミチ、人類の未来について。』

DSC03352DSC03348

DSCF1205

1月21日(木)~2月7日(日)まで 「みんなで「春の花」の書き初め展」

DSCF1205

南都明日香ふれあいセンター犬養万葉記念館では、村立明日香小学校の生徒さんのご協力を得て、今年も「書き初め」展を開催させて頂きました。今回はテーマを「春の花」とし、子どもたちの「春」や「花」に対する感性や意識に納得し、また立派な「書」に感心させられました。記念館の関係者で「優秀賞」を選びましたが、それぞれの個性あふれる全作品を展示いたしましたので、どうぞゆっくりご覧いただきたいと思います。

DSC_0694

今年もお年賀状をありがとうございました。

DSC_0694

2016年がスタートし、犬養万葉記念館も16回目のお正月を迎えました。

犬養孝先生へお年賀状をください!ということで始まった年賀状展も、時間が経つにつれて、残念ながら「犬養先生って?」と知らない世代の方々も増えました。一昨年までは「記念館」へ年賀状をお寄せください・・・ということで年賀状展を続けておりましたが、一昨年、記念館のリニューアルに伴い、「年賀状展」のための募集は行いませんでした。しかし、昨年も今年も記念館にお年賀状をお送り頂き、誠にありがとうございました。感謝の気持ちも込めて、また、みなさんの賀状を自慢げにつばいちホールでご披露させていただいております。

みなさま、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。ありがとうございました。

DSCF7687

9月17日(木)~23日(水)「万葉の人々を描く」絵画展

明日香村は「万葉集」のふるさと。昔むかしから多くの人々が活躍した場所です。石舞台古墳には蘇我馬子が、明日香小学校のそばには、天武天皇・持統天皇が眠っておられます。その他、歴史上の有名な人々のお墓もたくさんありますね。高松塚には、美しい女の人が壁に描かれていたので、その時代のファッションもわかってきました。明日香小学校のみなさんに楽しく想像しながら、古代の人々を描いていただきました。

展示期間  9月17日(木)~23日(水)

主催 南都明日香ふれあいセンター 犬養万葉記念館
共催 明日香村教育委員会
協力 明日香村立明日香小学校

DSCF7687DSCF7684

DSCF4617

犬養孝作成の萬葉かるたや愛用品の展示

DSCF4617
犬養先生がこよなく愛されたタバコ「憩」と「光」。「憩」で読み札を、「光」で取り札とした。札は切り取った箱を2枚貼りあわせて使いやすい厚さに工夫されている。学生たちが犬養先生のご自宅に遊びに行くと、このかるたで遊んだ。読み札・取り札とも、犬養先生の丁寧な文字が並ぶ。ヘビースモーカーの先生であったが、「憩」と「光」の発売終了とともに禁煙された。

DSCF4616
犬養先生愛用の品々。「万葉の旅」の取材も、これらのカメラが活躍したのでしょうね♫

DSCF0181

「『ひつじ』の書き初め展」始まりました!

明日香小学校のみなさんから、「ひつじ」にちなんだ書き初めをしていただきました。力強い元気な作品から、アイデアに富んだユニークな作品まで、たくさんの応募を頂戴してます。その中から、万葉書道家の鈴木葩光先生と、日本画家の鳥頭尾精先生、犬養万葉記念館館長に審査いただき、優秀作品を選んでいただきました。DSCF0179

DSCF0180

DSC_0029

入江泰吉写真展「飛鳥を撮す」


ただいま、犬養万葉記念館では、犬養孝交流展の第1回として、奈良市写真美術館の提供・ご協力のもと、入江泰吉さんの昭和時代(20年から30年代)の飛鳥の風景寫眞を展示させて頂いております。なつかしい寫眞の数々はモノトーンの作品で、明日香村の原風景を写された貴重なショットです。25日まで展示しておりますので、どうぞお立ち寄りくださいませ。また、犬養先生所蔵の入江泰吉さんの写真集・著書もご覧いただけますので、お茶を飲みながら、ゆっくり過ごして頂きたいです。

DSC08791

お正月気分

記念館の図書室のテーブルに、四方から見えるように「復刻版すごろく」を展示しています。
かるたを何十種類も収集されている横浜の金子さんからお預かりしたもの。
写真では反射してうまく写っていませんが、なかなかユニークな「大相撲」や「南蛮もの」の2つです。
10日からはいよいよ入江泰吉写真展が始まります。
賑わいのある記念館に向けて、がんばってます!