dscf7370

1月21日(土)岡本館長の万葉講座

ご好評いただいております、岡本館長の万葉講座。
なつかしい犬養先生の映像も交えて、万葉集をお楽しみ頂けます。

日時:1月21日(土)13:00~15:00
場所:南都明日香ふれあいセンター 犬養万葉記念館
費用:1,000円(資料・お茶代込)
予約:不要
dscf7367

20161225_%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7

12月25日(日)記念館DEクリスマスコンサート

みんなで歌おう、クリスマスソング!

日 時: 2016年12月25日(日)14:00開演
会 場: 南都明日香ふれあいセンター 犬養万葉記念館
料 金: 1,000円(コーヒーサービス付)

<出演>
 ボーカル&ピアノ 竹中信子
 他、インフィニティジャズクワイアのみなさん

<演奏曲目予定>
 星に願いを・枯葉・ホワイトクリスマス・ハッピー・ニアネスオブユー
 シャウトトゥーザロード・The Azumauta(万葉集)
 よそにみし(万葉集)・ジョイフルジョイフル・きよしこの夜

<ご予約・お問合せ>
 南都明日香ふれあいセンター 犬養万葉記念館
 ☎:0744-54-9300 メール:info@inukai.nara.jp
20161225_%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7

DSCF0415

12月18日(日)チコンキ・カフェ

蓄音機の調べを聴きませんか!

日時: 12月18日(日)14:00~16:30
場所: 南都明日香ふれあいセンター 犬養万葉記念館
会費: 1,000円

ご予約受付中!!!(お名前・ご住所・お電話番号をお知らせください)
電話:0744-54-9300 e-mail:info@inukai.nara.jp

DSCF0415

dscf6076

12月11日(日)岡本館長の万葉講座

ご好評いただいております、岡本館長の万葉講座。
なつかしい犬養先生の映像も交えて、万葉集をお楽しみ頂けます。

日時:12月11日(日)13:00~15:00
場所:南都明日香ふれあいセンター 犬養万葉記念館
費用:1,000円(資料・お茶代込)
予約:不要

dscf6076

dscf1946

12月4日(日) 「記・紀・万葉」朗唱フェスティバル

明日香村万葉朗唱の会発表会 「記・紀・万葉」朗唱フェスティバル

館長の企画・演出による犬養万葉記念館が主催する事業です。明日香村伝承芸能保存会の万葉朗唱の方々の発表会です。

併せて「朗唱」をいろんな形で楽しむプログラムです。ゲストでは高岡市や三宅町のコーラス、「万葉の歌音楽祭」今年度大賞受賞者などの出演もあります。

日時: 2016年12月4日(日)13時開演(12時30分開場)
会場: 明日香村中央公民館(松下記念講堂) 明日香村川原91-1
費用: 無料

明日香村伝承芸能保存会には歴史的復元・継承文化の「南無天踊り」「八雲琴」「飛鳥蹴鞠」とともに「万葉朗唱」の4部門があります。昭和61年に明日香村の名誉村民となられた万葉学者で文化功労者の犬養孝氏の万葉歌を朗唱されるスタイルが、「犬養節」として一世を風靡し、日本各地の万葉ファンに定着しました。南都明日香ふれあいセンター犬養万葉記念館で犬養孝氏を顕彰する中、明日香村でも犬養孝氏の「万葉朗唱」を原点として大切にし、伝承芸能の1つとして引き継いでくださっております。
日頃の活動だけではなく、村民の皆さまにも見ていただく機会として、このたびは少し角度を変えた「万葉朗唱」の発表会を企画いたしました。
出演者のそれぞれの個性を生かしながら、また、より記紀万葉の世界に親しんで頂けるようにプログラムも工夫してみました。奈良県では、あたかも記紀万葉プロジェクトの事業中でもありますので、『万葉集』だけではなく『古事記』『日本書紀』『懐風藻』など、あらたな「朗唱」にも挑戦しております。

<プログラム>
第1部「大伯皇女ものがたり」
昨年4月、橿原市・高取町・明日香村共同の「日本国創成のとき~飛鳥を翔けた女性たち~」のストーリーが、日本遺産に認定されました。日本が「国家」として歩みを始めた飛鳥時代に、この国造りを牽引したのは女帝であり、文化や宗教の面でも女性の力強い活躍があったことから、女性が活躍したストーリーを国内外に発信し、「飛鳥」の魅力を広めるもの・・・という趣旨です。私たちは飛鳥時代の「万葉歌6首」に残された側面史に光を当て、非業の死を遂げた大津皇子の姉、大伯皇女の生涯を通して万葉を語ります。

第2部「記紀万葉歌」~朗誦・朗唱から歌唱へ~
記紀万葉の古代文学が、どのように生まれ、伝わり、詠まれていたかについては定かではありません。ただ声に出して披露したり、詠い継がれていき、文字として残ったことが、飛鳥時代を生きた人々の心情を、いま私たちが実感したり、共感できるのです。2部では「詠うこと」をそれぞれの個性でもって表現するプログラムです。「万葉を歌う」ことの楽しさを味わっていただくステージです。

<お問合せ>
南都明日香ふれあいセンター犬養万葉記念館
〒634-0111 奈良県高市郡明日香村岡1150
電話:0744-54-9300 メール:info@inukai.nara.jp

%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7_01

%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7_02

dscf3134

11月13日(日) 秋の万葉植物野外講座

秋の飛鳥の万葉故地を歩き、万葉植物の観察と史跡の見学を行います。馬場吉久講師の万葉歌朗唱 (犬養節)を交えての楽しい解説を聞きながら、明日香の自然や歴史に触れて見ませんか。今回の万葉植物野外講座は40回目にあたります。今回は南都明日香ふれあいセンター犬養万葉記念館より、岡寺の参道、治田神社(はるたじんじゃ)、酒船石(さかふねいし)遺跡を通り小原(おはら)へと歩きます。小原は万葉の「大原の里」で、鎌足(かまたり)生誕の地。また、大原の里に住んでいた大伴夫人(おおともぶにん)と天武天皇の間には、雪の日のユーモアにあふれた歌のやり取りがあり、大原神社に万葉歌碑があります。次に、御田祭(おんたまつり)で有名な飛鳥坐神社(あすかにいますじんじゃ)、飛鳥の甘南備です。さらに、天智天皇の作った水時計の跡と推定されている水落(みずおち)遺跡を経て、飛鳥川へ。飛鳥川河津(かわづ)万葉歌碑、なでしこ万葉歌碑、古宮遺跡(推古天皇の小墾田宮(おはりだのみや)推定地)、豊浦の盟神探湯(くがたち)で有名な甘樫坐神社(あまかしにいますじんじゃ)、向原寺(豊浦寺)と難波池推定地を経て甘樫丘へ。犬養孝先生揮毫の
采女(うねめ)の 袖吹き返す 明日香風 都を遠み いたづらに吹く   志貴皇子(しきのみこ)(一・五一)
の万葉歌碑を見学後、甘樫丘頂上の万葉展望台から、四囲の景色を眺めます。さらに、甘樫丘の植物園路のまゆみ、小楢(こなら)、白橿(しらかし)、橡(つるばみ)などの万葉植物を観察しながら歩きます。多数の参加をお待ちしています。

日 程  平成28年11月13日(日)
集 合  午前10時15分 南都明日香ふれあいセンター犬養万葉記念館
講 師  馬場 吉久 氏 (全国万葉協会役員・紀伊万葉ネットワーク副会長)
コース  犬養万葉記念館 → 岡寺参道 → 治田神社 → 酒船石 → 大原市柴万葉歌碑
→ 大原神社 → 飛鳥坐神社 → 水落遺跡 → 飛鳥川河津万葉歌碑 →
なでしこ万葉歌碑 → 古宮遺跡(小墾田宮推定地)  → 甘樫坐神社 → 難波池跡
→ 明日香風万葉歌碑 → 甘樫丘 → 飛鳥京跡苑池 → 犬養万葉記念館
(徒歩約8km、天候によりコースを変更することがあります。)
定 員  40名 (先着順・要申込)
参加費  1,000円 (小学生以下無料、当日受付)
持ち物  弁当、水筒、雨具の用意、動きやすい服装・靴、ビニールシート

<お申込み・お問合わせ>

634-0111 奈良県高市郡明日香村岡1150
南都明日香ふれあいセンター 犬養万葉記念館
TEL: 0744-54-9300 FAX: 0744-54-4200
E-mail: info@inukai.nara.jp

電話・ファックス・ハガキ・e-mailにて承ります。
住所・氏名・電話番号・希望講座名をお申し出ください。

dscf3134

DSCF4234

11月5日(土)岡本館長の万葉講座

ご好評いただいております、岡本館長の万葉講座。
なつかしい犬養先生の映像も交えて、万葉集をお楽しみ頂けます。

日時:11月5日(土)13:00~15:00
場所:南都明日香ふれあいセンター 犬養万葉記念館
費用:1,000円(資料・お茶代込)
予約:不要

DSCF4234

img_0003

10月10日(月・祝) 万葉歌姫コンサート

★協力事業 万葉の歌音楽祭大賞受賞者の集い「万葉歌姫コンサート」

日時:2016年10月10日(月・祝) 開場13:00 開演13:30
場所:大和高田さざんかホール
〒635-0082 奈良県大和高田市本郷町6番36号 ☎0745-53-8200
料金:2,000円(小学生以下無料)

主催・プロデュース:万葉SOUL実行委員会
チケット・お問合せ:090-7364-8966(村尾まで)

<アクセス>
・JR和歌山線  高田駅より   徒歩4分
・近鉄大阪線  大和高田駅より 徒歩10分
・近鉄南大阪線 高田市駅より  徒歩15分

<駐車場>
駐車場はございませんので、お車でお越しの方は最寄りの有料駐車場をご利用ください。

今年で「万葉の歌音楽祭」も14回を数えました。その、かつての大賞受賞者が集まって「万葉歌姫コンサート」が行われることになりました。受賞者仲間が集って企画された自主コンサートです。「万葉の歌音楽祭」を主催する犬養万葉記念館としても、もちろん協力は惜しみません。多くの皆様のお越しをお待ちしております。

img_0003img_0004

DSCF7676

10月2日(日)岡本館長の万葉講座

ご好評いただいております、岡本館長の万葉講座。
なつかしい犬養先生の映像も交えて、万葉集をお楽しみ頂けます。

日時:10月2日(日)13:00~15:00
場所:南都明日香ふれあいセンター 犬養万葉記念館
費用:1,000円(資料・お茶代込)
予約:不要

DSCF7676

万葉の歌音楽祭_2016_0001

9月19日(月・祝)第14回万葉の歌音楽祭 あなたも審査員になってください!

「第14回万葉の歌音楽祭」がこの秋も行われます。全国から寄せられました応募作品から、第一次審査を通過した皆様に演奏を披露して頂きます。この審査員にあなたもぜひ参加してください!!

開 催 日 時 :平成28年9月19日(月・祝)13:00~16:00
会    場:国営飛鳥歴史公園石舞台地区 野外ステージ「あすか風舞台」
審査員受付 :当日会場受付にて12:00~13:00まで受付ます。13:00を過ぎますと受付を終了しますのでご注意ください。

特別審査員・ゲスト出演:井上真実(篠笛奏者・作曲家)
大阪出身。1985年「鬼太鼓座」のアメリカ・カナダ公演の笛奏者としてデビュー。5年間のオランダ滞在中に、様々なアーティストとの交流を深め自らの音作りを構築。欧州約120ヶ所のヨーロッパ公演を実施。2003年より篠笛と電子楽器(シンセサイザー:AZUMA)で編成した和と洋を融合した表現の世界を構築する「井上真実・AZUMAユニット」として、コンサートホールをはじめ神社仏閣など国宝ライブ、多くの場所で演奏活動を展開。NHKデジタルラジオ「万葉紀行」を1年間担当。NHKはじめ、多数のテレビ・ラジオに出演。2013年より「井上真実 with kosk」として新たな表現に挑む。優しくも激しくも自在に操り、透明感に富んだ音色と四季の情景、日本の風景、万葉の世界を情緒豊かに表現する篠笛奏者として注目を集めている。

<お問合せ>
南都明日香ふれあいセンター 犬養万葉記念館
☎ 0744-54-9300 FAX 0744-54-4200
E-mail:info@inukai.nara.jp
URL:http://inukai.nara.jp

 

 

万葉の歌音楽祭_2016_0001