万葉うたびとコンサートat犬養万葉記念館

DSCF9452今年も第15回万葉の歌音楽祭が予定されていますが、月日を重ねるにつ入れてイベントとして定着し、また応募の方々のレベルがあがり、作品も『万葉集』への意識、こだわりが強くなって来られることに、15年間の積み重ねをしみじみ感じます。また、応募者・入賞者それぞれがライバルですが、しかし「音楽祭」をめざされる同志であり、人間関係も生まれてきました。

昨年秋に試みとして有志で「万葉歌姫コンサート」が開催されました。万葉の歌音楽祭の歴代の大賞受賞者の女性4名が出演されましたが、大変好評で、今更に『万葉集』が歌になるなんて・・・という驚きや、音楽の楽しさに来場者の方々には楽しんで頂けました。その経験から、第1回から昨年までの「入賞者」を対象に同窓会的な再会も楽しみとした、また歌姫だけでなく男性も含めて「万葉うたびとコンサート」とリニューアルして開催されたのが今回です。昨年の会場は大和高田市のさざんかホールで行いましたが、今回は発信元である犬養万葉記念館を会場にして頂きました。また、時期的にも飛鳥→奈良の誇る行事として「ムジークフェストなら」にも登録したコンサートともなりました。

DSCF9454DSCF9462DSCF9466DSCF9468DSCF9474

6組の出演者、検校たかおさん、縄文さん、小楽師さん、ナオさん、松田郁美さん、万葉soulのステージは個性や音楽性や演奏スタイルなど、それぞれに異なりましたので、初めて聴かれた方もとっても楽しかったのではないでしょうか。また、衣裳や振りもあり、出演者の世界があって、目でも楽しんで頂けたことと思います。

今回の出場者以外にも、万葉の故地や地元で「万葉の歌」を通して、貢献しておられる方もあります。犬養先生は「歌は心の音楽である」と教えてくださいましたが、先生の御霊は弾む歌心、切ない歌心、素朴な歌心を聴きながら、喜んでくださったことだと思います。またこのような機会がありますように・・・、そして今週の万葉の歌音楽祭に向けて、再び切磋琢磨して頂き、万葉ソングをご披露頂きたいと願っております。最後になりましたが、お世話頂きました竹中さん、村尾さんに心より御礼申し上げます。