ピアニスト山田剛史さん

奈良県主催の「ムジークフェストなら」の演奏会場となって2年目の今回は、ピアノのソロコンサートが開催されました。昨年は館長の希望のアーチストにお願いしたいということで、トゥジュール・サクソホンアンサンブルの方々に素晴らしい演奏をして頂きました。そして今年は以心伝心、私の期待のアーチストを奈良県から打診してこられたのです。奈良市内(登美ヶ丘小学校)出身の山田剛史さんでした。実は、山田さんは以前、岡本館長の個人サロンでコンサートをして頂いたことのある身近な知人でしたので、偶然の機会と再会にうれしい機会となりました。DSCF9419
DSCF9383
県への申し込みは約200名。それを記念館ホールの定員に合わせて抽選が行われました。多くの方々が悔しい思いをし、いらっしゃれなかったことを申し訳なく思います。
当日の演奏曲は、バッハのフランス組曲第5番と長調、貴重なシェーンベルク3つのピアノ曲、あとは「海」をテーマに、ラヴェルの「洋上の小舟」、ショパンの「舟歌」、ドヴィッシーの「喜びの島」でした。
記念館に響く久しぶりのピアノの調べに、引き込まれる心地でした。
まだ35歳という若さですので、ご自身の演奏の意欲も豊かで、いろんな作品に臨んでおられます。次回のリサイタルでは、80分のバッハの大曲に挑まれるそうです。
また、クラシックの普及も兼ねて、小学校や公民館などへの演奏も積極的になさっておられる様子、なかなかです。
もちろん演奏にも性格や個性が現れますが、終始礼儀正しくやさしい青年の山田剛史さんでした。
余談ですが、初めてお目にかかったきっかけは、灘中・灘校OBのお母さんの会で、出演されたことでした。甥っ子の少し先輩にあたります。頭脳明晰の上、芸術的天分にも恵まれた山田さんをうらやましく思いつつ、またこれからも応援したいと願いつつ・・・あれから3年です。記念館でのご出演に心から御礼申し上げます。今後のご活躍を楽しみにしております。またゆっくり明日香村へ遊びに来てくださいね。
DSCF9406