出雲人形

去る3月12日(日)、月に1度の館長万葉講座でのこと。ちょうど当日から大相撲の大阪場所が始まったこともあり、前日が東北大震災の6年目の追憶日も意識して、山上憶良の相撲領「熊ごり」の歌を取り上げました。熊ごりが出身が熊本県益城町であること、日本書記に記載された相撲(すまひ)の節会や、天覧相撲のこと、また相撲の始まりといわれる當麻蹴速、野見宿祢のことなどをお話ししました。もちろんミーハーな館長の女子大生時代追っかけ相撲ギャルのエピソードなども含め、楽しく時間を過ごしました。その中で、當麻蹴速に勝利して大和桜井に領地を与えられた野見宿祢の一族が、出雲から技術などのを導入して埴輪の前身となった人形つくりをしたことから、桜井市には「出雲」という地名が残っていたり、今でも「出雲人形」を伝えておられるご夫人がおられ、そのお話をしました。さすが明日香村。講座におられた方が、すぐにご自宅から出雲人形をご持参くださり、みんなで出雲人形を実際に見るとこができました。

野見宿祢からの「相撲人形」は納得がいったのですが、ご持参くださったあとの3体について、みんなで話し合ったところ、右端の白装束は、着物のあわせが右前になっており、「はにわ」として葬儀の折にまわりに埋められた埴輪の1種じゃないかということになりました。また、真ん中の2体は「芸人」のようです。女性は出雲阿国では?という説が有力。男性は古代の「万歳」演者ではないかと素朴な人形を通してみんなの想像がかきたてられ、また納得にもなりました。結果は違っているかもしれないですが(笑)、いまでもこうして桜井市の1部の場所で静かに引き継がれ制作されている歴史に触れて、なんだかほのぼのとした気持ちになりました。