「明日香の匠」展

DSC09191
明日香村のアーチストによる作品展が奈良県立万葉文化館で開催されています。
22日まであとわずかになってきました。
明日香村を拠点に活躍されている「作家」の方々、芸術家がこんなにおられたのだとあらためて感心しました。
本日ご紹介したかったのは、犬養万葉記念館の名誉館長脇田宗孝先生。陶芸家でいらっしゃいます。身贔屓で楽しみに作品を拝見してきました。
脇田先生はアジアのシルクロードの文様の研究をされておられ、昨秋にはサマルカンドへ行かれましたが、その名のついた作品もありました。
犬養万葉記念館の前館長の烏頭尾精先生の「飛ぶ鳥」がテーマの格調高い絵画や、奥様の作品もありました。そして専門家に交じって、記念館のお向かいの勝川さんはご夫妻の作品も・・・。油絵を楽しんでおられますが、楽しみどころではない大作が展示されていました。すごい!
DSC09188

悔しかったのは、村内ではありますが、万葉文化館であったこと。もちろんミュージアムとしてのレベルでなさった企画展ですから、展示も一級ですし、多くの作家の作品を一挙に展示できる規模からしても何一つ申し分のない、素晴らしい会場でした。
でも「明日香の匠」たちでしたから、それこそ村内の施設である犬養万葉記念館などでできたらいいのになあ・・・。夢の夢。また夢ですが(笑)。